国からお金を借りる方法10選

お金を借りたい場合に有利な条件で利用できるものに、国からお金を借りる方法があります。
国からお金を借りる方法には、生活費などの個人対応として4つの形態があり、事業用としては日本政策金融公庫が利用できる制度資金があります。それぞれに貸付条件が定められているために、申込においては、事前に担当窓口への相談が必要になります。
まず、総合支援基金があり、ここでは、生活再建までの生活費用に対応した生活支援費、住居における賃貸契約に必要な資金に対応した住居入居費、一時的に日常生活費を賄うことができるための一時生活再建費の3つがあります。
次に、福祉資金があります。福祉資金には、就業、住宅の増改築や修繕、障害者、災害、冠婚葬祭といった様々な日常生活の内容に関して対応をする福祉費、緊急的な場合に借入をすることができる、金融小口資金の2つがあります。
3つ目としては、教育支援資金があります。ここでは、低所得者世帯でも進学ができるように設けられた教育支援金と、入学に必要となる経費に対して借入をすることができる、就学支援金があります。
国からの借入では、個人でも担保を提供することでも融資を受けることができる形態があり、不動産担保型生活資金が4つ目となります。不動産担保型には、低所得の高齢者世帯が利用できる不動産担保型生活資金と、要介護の高齢者世帯が利用できる、要保護世帯向け不動産担保型生活資金の2つがあります。それぞれに貸付限度額に違いがありますが、要保護世帯向けの場合には、連帯保証人が不要となります。
お金を借りるには?【今日中にお金を借りる方法ナビ】はこちら