クレジットカードの遅滞はプロミスの審査に影響がある?

プロミスのカードローンを申し込みする際にはプロミス審査の一環として、信用情報の確認が行われます。他の金融機関からの借入がなく、支払日を守っている人であれば問題ありません。気をつけなくてはいけないのが、信用情報に金融事故情報が記載されている人です。

クレジットカードの返済遅れや3ヶ月以上にわたる延滞がある場合は、プロミスで借入ができる確率は非常に低くなります。1度だけうっかり支払いを忘れたのであれば、特に問題視されることはありませんが、度重なる返済遅れについては、金銭管理がルーズであると受け取られ、否決される原因になりかねません。

クレジットカードの遅延については、最低でも2年は記録されます。継続利用すれば、悪い履歴は更新され自動的に消去されますので、期日を守って支払い良好な支払い履歴を残すようにしましょう。審査においても言い影響を与えると予想されます。延滞や代位弁済、債務整理等については、最大で5年は記載されます。延滞して踏み倒したままの場合は、解決しない限り記載され続けますので、早めに相手先のクレジットカード会社に連絡を取って一括で支払うか弁護士に相談して債務整理等の対処をしなくてはいけません。

5年が過ぎて、信用情報の記載が消去された場合でも、注意が必要です。プロミスは銀行グループの消費者金融ですので、同じ系列の金融機関から発行されるクレジットカードの信用保証業務を担当していることもあります。これらのクレジットカードで延滞や債務整理、代位弁済等のトラブルを起こしたことのある人は、信用情報から金融事故情報が消去されても、プロミスの社内で情報が残っていることがあり、信用情報を見るまでもなく否決されてしまうケースもあります。迷惑をかけたクレジットカードが該当するのであれば、プロミスの借入は見合わせた方がいいこともあるでしょう。